>>飲食店アルバイト求人情報【フーズフー】 <<

2012年06月01日

データ入力のバイトの仕事内容と体験談

次に紹介する仕事内容と体験談は、データ入力のバイトです。

最近では昼間は会社員として働き、仕事終わりにアルバイトで
お小遣いを稼いでいる方がかなり増えてきているようです。

そんな中、相変わらず根強い人気を誇っているアルバイトが
在宅ワークなのです。

しかし、在宅ワークと一言で言っても、仕事は幅広くあります。

例えば内職などの手作りや手作業で行う仕事や、宛名書きなどが
あげられます。

今回は在宅ワークの中から、「データ入力」のバイトについて
紹介してみたいと思います。

なお在宅ワークのバイトだけというわけでなく、会社に出社して
データ入力を行うバイトも存在します。

パソコンの知識をあまり持っていなくても、データ入力のバイトは
キーボードで入力することさえできれば、誰にでも容易にすることの
できる仕事です。

しかし入力する内容は、会社ごとにより異なっています。

エクセルやワードなどを使って入力していく会社もあれば、
ひたすら文字や数字を入力するだけの仕事もあったりするのです。

比較的単純作業が多いのが特徴ですが、スキルアップも図ることが
できるのは、単なる労働だけで終わるバイトと違い、女性にも人気が
あるアルバイトとなっています。

しかしデメリットもあります。

それは長時間に渡りパソコンを見て作業する必要があるため、
目に疲れを感じたり、慢性的な肩こりになってしまう方が結構います。

なお、データ入力のアルバイトの時給というは、1000円前後という
ところが多く、他のアルバイトと比べても、比較的時給は高い部類だと
いえます。

ただし、入力ミスを叱咤されたり、通常以上の集中力が必要となったり、
精神的な疲労を感じる方も多いことがあるようです。

さらに、裏事情としては、入力ノルマがあったり、ノルマを達成
できなければ即クビなんてケースもある一部の会社ではあるそうです。

だからなのか、時給が比較的高めになっているのかもしれませんね。

とはいえ、すべての会社がそうではないので、あくまで参考までに
頭の片隅に入れておいて下さいね。


2012年05月03日

ビジネスホテルのバイトの仕事内容と体験談

次に紹介する仕事内容と体験談は、ビジネスホテルのバイトです。

ビジネスホテルの仕事もシティホテルやリゾートホテルほどでは
ないですが、かなり厳しい仕事の一つとなります。

ホテルの仕事は、業種別に仕事がしっかり分けられています。

案内係やフロント、荷物を持って運ぶ人など、全て個別業務に
分離されています。

小さな旅館のように、女将や仲居さんが部屋の案内から料理の運搬、
施設の案内・受付、会計までを全て行うのとは違い、
それぞれの専門担当者が行うのが一般的となっています。

ビジネスホテルの場合、スタッフの数も比較的少ないので、
あまり明確に分離されていないのですが、逆にその分一人一人の負担が
大きいのも特徴です。

ビジネスホテルのアルバイトで、募集がよく行われるのは、
フロント(受付)と清掃(ルームキーピング)です。

受付は肉体的には楽な部類の仕事ですが、時には海外からのお客も
くるので、最低限の英会話能力が必要になるのです。

また、酔っぱらいや最近多いクレーマーのお客相手も必要となるので
気苦労が絶えないかもしれません。

仕事内容は、電話での予約受付やチェックイン、チェックアウトの手続き、
会計、手荷物預かりなどが主なものとなります。

また、ルームキーピングの場合だと、肉体労働となるので、かなりの
重労働を覚悟しなければなりません。

チェックアウト後の室内清掃が主な業務ですが、シーツや枕カバーの交換
だけでなく、備品のチェックや交換、洗面所や浴室の清掃など、きめ細やかな
清掃作業を行う必要もあるので、とにかく体力に自信がある人でないと
辛いと重います。

全体的に体力勝負になるホテルのバイトです。
posted by baito at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスホテルのバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

バーテンダーの仕事内容と体験談

次に紹介する仕事内容と体験談は、バーテンダーのバイトです。

夜のバイトやお酒好きの方には、バーテンダーというアルバイトも
選択肢としてあります。

ただし、バーテンダーの仕事は、最初からできるとは限らないのです。

一般的にバーテンダーを置いているのはカクテルバーが多いです。

ほかにもちょっとお洒落なスナックやレストラン、カフェバーやクラブ
といったお店の場合もあります。

実は、バーテンダーというアルバイトには、その店の特色によって
天と地ほどの差が出てくるのです。

バーテンダーは一般的にシェイカーを振ってカクテルを作るのが仕事です。

ただし、その仕事はいわゆるプロとしての経験と技を必要とする分野です。

そのため、本格的なカフェバーだった場合、すぐに新人がバーテンダーとして
お酒を作れる立場にはなれません。

というよりも、アルバイトである場合、フロアスタッフの仕事しかさせて
もらえないことも覚悟しておかなければなりません。

それほどきつい世界でもあります。

とはいえ、スナックやレストランの場合には、数種類のカクテルメニューの
作り方を仕込まれて、すぐにお酒を作らせてもらえるようなチャンスが巡って
くることもあります。

とはいえ、女性が接客対応するクラブのような場所では、バイト料は
女性ホステスと比較すると雲泥の差となってしまいます。

また、立場的にも雑用係として扱われることもあるのです。

クラブやレストランのように、閉店時間がきっちり決まっている店舗なら
就業時間もある程度規則正しいものとなるでしょう。

しかし、バーやスナックのようなお店では、基本的にお客さんが居る限り
営業を続けるお店がほとんどなので、場合によっては朝まで残業という
事態にも発展しかねません。

普段から心構えだけはしておいた方がいい職種だと思います。
posted by baito at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バーテンダーのバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム産業
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。